赤ちゃんはいつから絵本を読んであげればいいの?おすすめしたい本は

絵本を読んでもらう赤ちゃん

小さいうちから絵本を読んでもらっている子供は、脳の発育が良くなると言われることがあります。
しかし、実際はいつ頃から始めればいいのでしょうか。
赤ちゃん乳幼児のうちは、絵本を読んでも当然話を理解することはできませんし、ただ話を聞いているだけでは退屈なのではないか、と思うこともあるでしょう。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]赤ちゃんは、絵本を読んでも理解することはできるのかな?[/word_balloon]

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]では今回は絵本を読み聞かせする時期や、赤ちゃんにはどんな本がおすすめなのかを紹介していきますね。[/word_balloon]

絵本を読み聞かせするのはいつ?

絵本の読み聞かせについては、早い人は妊娠中から行っているとも言われています。
何故なら、妊娠中に音楽を聴かせるのがいいというのと同じで、赤ちゃんはお腹の中にいても両親の声を感じることができ、胎教として絵本を読み聞かせているという人もいるようです。
ママさんの中には、生まれたばかりの赤ちゃん新生児に寄り添いながら、子守唄代わりに絵本を読んで聞かせているという人もいます。
特に生後3ヶ月乳児からは視覚や聴力が発達し始める時期なので、色や音を判断できるようになるので、この頃が絵本を読み聞かせするタイミングだと考えられています。

絵本を読んでもらう赤ちゃん

絵本を読んでもらう赤ちゃん

読み聞かせをするタイミング

絵本の読み聞かせに関しては、この時間がいいという時期はありません。
家庭のタイミングや、赤ちゃんに合わせて絵本を読み聞かせることがポイントです。
赤ちゃんがウトウトしてきたときに絵本を読むのもいいですし、パパの声をもっと聴かせたいというのであれば、ママさんがご飯の用意をしている時間に絵本を読み聞かせたり、赤ちゃんがご機嫌のときを見計らって絵本を読んで聞かせるというのもいいでしょう。

絵本を読んでもらう赤ちゃん

絵本を読んでもらう赤ちゃん

習慣になると

赤ちゃんは絵本を読んであげても内容を理解することはできませんが、両親の声を聴くことによって安らぎを感じることができると言われています。
寝る前に絵本を読むことで、それが習慣になり、絵本が始まったら「そろそろ寝る時間だ」と判断して、スムーズに眠れるようになるでしょう。
絵本を読み聞かせするときは下手でも問題はなく、絵本を読みながら赤ちゃんに語り掛けるように「楽しそうだね」と言いながら、お話を読むということがポイントです。

赤ちゃんが喜ぶ絵本を見つける方法

絵本と言えば、最も知名度が高いのは「はらぺこあおむし」です。
ただ世の中には様々な絵本が存在していますので、絵本を選ぶにはどこに重点を置いたらいいのか分からない、という人もいるでしょう。
生まれたばかりの新生児に絵本を読み聞かせするときは、色々な音が表現されているような絵本を選ぶことがおすすめです。

飛び出す絵本

飛び出す絵本

興味を示す時期

少し大きくなったらママやパパの言葉をマネしてくれるようになりますので、赤ちゃん言葉が書かれた本などを読んであげると、言葉に興味を持つのも早くなるかもしれません。
赤ちゃんによっては動物に興味を示したり、食べ物に興味を示したりする子もいます。
ある程度大きくなってきたら、どんなものに興味があるのかを知るためにも、色々な絵本を読んであげましょう。

英語の本は?

絵本を読み聞かせて知能をアップさせたい方は、0歳のうちから英語に親しみを感じられるような本や、赤ちゃんの予測能力をアップさせる本などを選んでみてもいいでしょう。

保育園で絵本を読む女の子

保育園で絵本を読む女の子

本日の一言・20年前の育児日記

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]20年前の育児日記というか言葉記録が出てきたので紹介しますね[/word_balloon]

3か月目  あ~ う~と表現していた。何かを話たがりそうな感じ。

4か月目  キャーキャーと声を出している。ちょっとテンションが高いのかな?

6か月目 ママじゃなくてパパと言った。ママはまだ言いにくかったのね

8か月目 ようやくママと聞こえた!やっぱりママの方が発音しにくかったのね~パパと言ってたのはママと言いたかったのかもしれないね。

9か月目  パチパチ手を叩くしぐさをした。この頃からバイバイと手を振るようにもなった。つかまり立ちを覚えたので歩くのはもうすぐかな。

10か月目 おいしい?と聞くと「おいちい」としゃべれるようになった。名前を呼ぶと「ハーイ」と声を出して手を上げるようになった。2.3歩歩いてはしりもちを着く。がんばれー

11か月目 名前を呼ぶと「ハーイ」と声に出して手を上げる。何度も繰り返して呼ぶと面倒くさいのかよそを向いて手だけを上げることを覚えていた。しつこいのはダメですね。家の中もかなり歩けるようになった。

12か月目 絵本を見せてこれは?とゆびさしたら「わんわん」や「にゃあにゃあ」との言葉を覚え始めている。

動物と鳴き声が一致しているようだ。

1年4ヵ月 何歳ですか?と聞くと指1本を上げるようになった。言葉も保育園でしっかり覚えてきているようだ。握手やタッチ等の表現も出来るようになった。

 

 

 

 

まとめ

絵本はいつから始めるというよりは、赤ちゃん乳幼児を安心させるものとして活用することがポイントです。
寝る前に読み聞かせすれば、スムーズに睡眠に入れますし、読み聞かせをする習慣ができていれば、絵本を読み始めたらママの膝などに座って、話をきちんと聞いてくれる子に育つかもしれません。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]絵本と言っても様々な本があるので、赤ちゃんが興味があるものを探すといいんですね。[/word_balloon]

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]はい。興味が湧きそうなものを探し、繰り返し読んであげることで記憶力なども身に付いていくのではないか、と考えられてるんですよ。ではまた次回お会いしましょう![/word_balloon]