赤ちゃんのファーストシューズはいつから?特徴とタイミングについて

ファーストシューズ

 赤ちゃん乳児がつかまり立ちをするようになると、いよいよ歩き始めるまでもう少しです。赤ちゃんの小さな足を守るためにもファーストシューズが必要になりますが、いつから履けるのでしょうか。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]私の場合は母からのプレゼントでしたから自分で選ばなかったな?[/word_balloon] [word_balloon id=”1″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]そういう方も多いでしょうね。今回はファーストシューズに限らず、セカンドシューズ選びでも参考にしていただければと思います。[/word_balloon]

ファーストシューズの特徴

 ファーストシューズは赤ちゃんが初めて履く靴なので、柔らかく軽いものが多いです。室内で10歩程度を自分で歩けるようになったら準備しましょう。

 ファーストシューズには、室内向きのタイプと屋外向きのタイプがあり、靴底に違いがあります。室内向きは靴底が柔らかく、滑り止めの溝が少なくなっています。
靴を履くことを嫌がってしまう赤ちゃんが多いので、お部屋で靴を履いて歩くことにまずは慣れてもらいましょう。屋外向きのタイプは、靴底がしっかりしていて固い地面から赤ちゃんの足を守ってくれます。また、滑り止めの溝が大人用の靴と同様にあるので、砂利道でも安心です。

 実際に見て試着して

実施にファーストシューズを購入する際には、店頭で実物を確認しましょう。試着をし、サイズの確認だけでなく、赤ちゃん乳児が歩いている様子で歩きやすさを判断しましょう。靴が重いと爪先が上がらず、上手く足を動かすことができずに転んでしまいます。また、メーカーによっては足の甲の高さや幅に差があるので、メーカー別にいくつか候補を決めておくと良いです。サイズの測定は売り場に計測器が設置されていることが多いですが、最初は売り場スタッフに相談してみましょう。

赤ちゃんの初めての靴

赤ちゃんの初めての靴

サイズアップのタイミングは

 赤ちゃんの足はとても早く成長するので、3ヶ月毎に計測をしましょう。自宅用の計測器も販売されていますが、インソールを靴から取り出して、足裏に当ててみるとサイズアウトしているか簡単に判断ができます。赤ちゃんの爪先から靴の先端までが5mmから10mmの余裕があることが理想です。

 セカンドシューズの切り替えは?

 赤ちゃんが上手に歩けるようになり、走ったりするようになったらファーストシューズは卒業です。動きが活発になり、足への負担も大きくなるのでセカンドシューズに切り替えましょう。セカンドシューズの選び方はファーストシューズの時と同じです。土踏まずができる時期なので、以前よりも足の甲の高さや幅に個人差ができてきます。試着をして歩いている様子をしっかりと確認しましょう。

靴下とファーストシューズ

靴下とファーストシューズ

長靴はいつから

 赤ちゃんが歩けるようになる時期によっては、梅雨などの雨の多い季節の場合もあるかと思います。歩くことが大好きな赤ちゃんの場合、雨の時に抱っこやベビーカーを嫌がり靴が濡れてしまいます。汚れも気になりますが、足元が冷えてしまい風邪の心配もあるので長靴を履かせたいところですが、靴よりも足首が固定されてしまうので歩き始めの頃には少し難しいです

プラス1cmを意識しましょう

上手に歩くことができるようになる1才半から2才頃に長靴デビューをすることが多いです。また、長靴のサイズ選びは靴とは異なります。ジャストサイズで選んでしまうと着脱が困難なため、プラス1cmのサイズを選びましょう。さらに、座ったりしゃがんだりすることを考えて膝下までの高さに注意し、軽いものを選びましょう。

赤ちゃんの足に合わせて

赤ちゃんの足に合わせて

まとめ

 赤ちゃんによって歩き始める時期には個人差がありますが、早ければ8ヶ月頃からと言われています。10歩程度を歩けるようになったらファーストシューズを履かせます。最初は室内用の靴を用意し、靴を履いて歩くことに慣れてもらいましょう。ファーストシューズは記念に残しておくことができるアイテムですので、お気に入りのデザインを探してみましょう。

 [word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]雨の日用として長靴を用意する場合には、赤ちゃんが上手に靴で外を歩けるようになってからにしましょう[/word_balloon]

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]靴と違って長靴は足首が固定されて歩くことが難しく、まだ上手に歩けない場合には転んでしまいます。1才半から2才頃には安定するので、長靴と合わせてレインコートや傘も検討しましょう。[/word_balloon]