赤ちゃんがヨーグルトを食べていいのはいつから?栄養素とポイント!

バナナとヨーグルト

ヨーグルトは離乳食のように滑らかで赤ちゃんも食べやすいこともあり、離乳食を始めてすぐに食べさせてもいいと思っている人もいるみたいです。
しかし、ヨーグルトの中には赤ちゃんに不向きなものもあります。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]ヨーグルトはいいような気もしますが、いつから食べさせていいのか気になりますね。[/word_balloon] [word_balloon id=”1″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]そうですよね。今回はどんなものが赤ちゃんに効果的なのかを知っておくことはとても大切です。[/word_balloon]

赤ちゃんにヨーグルトを与えていい時期

牛乳から作られているヨーグルトは、滑らかで離乳食を始めた赤ちゃんでも食べやすい形状なので、与えてもいいと思っている人もいるみたいです。
しかし、ヨーグルトは乳製品なので、ミルクでアレルギーが出なかったとしても、ヨーグルトでアレルギー症状が出てしまうこともあるのです。

離乳食

離乳食のイチゴとヨーグルト

離乳食初期

5~6ヶ月乳児程度の初期は、まず食べ物を飲み込む習慣をつけてあげるだけなので、ヨーグルトを与えるのは7~8ヶ月の中期頃からにしましょう。
ヨーグルトの中にはフルーツが入っているものや、飲むヨーグルトなどもありますが、大人用のヨーグルトには砂糖がかなり多く含まれています。
そのため赤ちゃんにヨーグルトを与える場合は、赤ちゃん用として販売されているもの、またはプレーンヨーグルトを選びましょう。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]赤ちゃん用として販売されているもの、見た事ありますね。[/word_balloon]

1回で与えていい量と調理方法

中期に入ったからと言って、ヨーグルト1個与えていいということではありません。

離乳食中期

中期と言えども乳製品の摂取量は1日50gと定められています。
そのため50gを超えないように、ヨーグルトの量を調節することがポイントです。
赤ちゃんにヨーグルトを与えるときは、そのままでもいいのですが、すり潰した果物と一緒に混ぜたり、食材を加えて離乳食のとろみ付けに利用するのも良いでしょう。

離乳食刻みイチゴヨーグルト

離乳食刻みイチゴヨーグルト

離乳食後期

9~11ヶ月程度になり、ある程度固形の果物も食べられるようになったら、果物や野菜などが含まれているヨーグルトを与えることもおすすめです。
赤ちゃん乳児の1回の食事量はとても少ないので、果物や野菜が含まれているヨーグルトで栄養を補ったり、便秘を解消させることで赤ちゃんも健康に育ってくれるでしょう。

1歳児の離乳食 ヨーグルト メロン キュウイ

1歳児の離乳食 ヨーグルト メロン キュウイ

ヨーグルトにはどんな栄養が含まれるのか

ヨーグルトの中には栄養バランスに良いとされる乳酸菌やタンパク質、カルシウムなどが豊富に含まれています。
どんな栄養が含まれているのか、どんな効果があるのかについても知っておきましょう。

① 乳糖

ヨーグルトに含まれる乳糖エネルギー源となり、乳児の脳や神経系を作る大切な役割があります。
乳糖はカルシウムや鉄、ミネラルなどの吸収や腸を整える効果もあるので、ヨーグルトから成長に必要な栄養素を補うことができます。

② タンパク質やカルシウム

牛乳はタンパク質が多く子供の成長に良いとされているのですが、ヨーグルトは牛乳よりも消化吸収しやすいアミノ酸が含まれていて、カルシウムに関しても牛乳より豊富に含まれています。
カルシウムは発酵乳になることで、さらに腸から吸収されやすくなります。

③ 発酵乳

発酵乳には消化吸収を良くさせる成分や、牛乳から受け継いだタンパク質やカルシウム、脂質などが含まれています。
腸内フローラを改善させる効果や免疫力を強化する効果も得られるため、ヨーグルトで強化吸収を助け、便通を改善させることが期待できるでしょう。

ヨーグルト赤ちゃんが7~8ヶ月程度の中期頃から始め、1回の量は50g程度に留めてあげましょう。
ただし、ヨーグルトを与えて調子が悪くなったときやアレルギー反応が出たときは、小児科の先生に診てもらう必要があります。
その際は、アレルギー検査をして安全だと確認できるまでヨーグルトの摂取は控えましょう。

まとめ

ヨーグルトには様々な調理法があり、そのままでも手軽に食べられるので、賞味期限を守って新鮮なものを食べさせることも大切です。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]栄養も豊富でしたね。[/word_balloon] [word_balloon id=”1″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]そうですね。少しはお役に立てましたか?ではまたお会いしましょう![/word_balloon]